フンコロガシの詩

ヌタウナギのような味噌汁

 皆さん、ヌタウナギなる奇ッ怪な生き物を知っていますか? 韓国ではポピュラーな食べものらしく、ウチの近所の韓国料理店では専門店があるくらいだが、テレビ番組で見てたまげた。仕掛けから引き上がられると、ひたすらズルズル〜ッと身体から粘液を出しまくる。その実態は“ぬた腺”という組織から出す粘液が海水をゼリー状に変えたものらしいが、とにかく気持ち悪い。
 しかし先日、似たような代物を触っちゃったんだよな。それは親父が作った味噌汁。私が作れば冷蔵庫にしまっておくのだが、外に出しっぱなしになっていたのを気づかず、鍋のフタを開けてみても真っ白な厚い膜が張っているだけ。作ってからそうは日にちは経っていないハズだが、何が何だか分からない。異常醗酵した臭いの中に僅かに味噌臭が感じられたので、ようやく元は味噌汁と分かったくらいだ。しかし、異臭の立ちこめる物体をそのままにしている訳にはいかない。流しに開けてみれば、すごい勢いで透明なゼリー状のモノがたくさん糸を引きながらズルズル〜ッと落ちてきた。味噌汁が腐るとああいう形態になるって、初めて知ったよ。もちろん、手触りもヌルヌル〜ッとしてて何回手を洗っても落ちないカンジ。ああ、コレってヌタウナギみたい。頭が朦朧としながらも、いつか見たテレビの映像が甦る。
 2日前にもデイサービスより「下痢注意報」が発令されたばかりだが、まさかコレ喰ったんじゃないだろうな。
 暖かくなると、またまたチェック項目が増えるよな……。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2008-05-01 00:47 | ムカッパラ | Comments(0)
<< ハラワタが煮えくり返る スポーツクラブ入会騒動 >>