フンコロガシの詩

<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

見える人

 介護サービスを利用していると、定期的にケアマネ、ヘルパーさん、デイの担当者と会議を行う。内容はデイや家でどう過ごしているかの報告やサービス内容の希望など、まぁ相互確認といったところだ。
 先日、その会議があったので、親父のセクハラ事件がその後どうなったか、デイの担当者に聞いてみた。そうしたら、何とまだ続いているというではないか! さすがに、デイのほうでも他の利用者に被害が及ばないよう気をつけているので、触られるのはもっぱら職員らしい。それもポッチャリ系がお好みのようだ。
 しかしながら私は、呆れこそはすれ、もう驚かなかった。そればかりか、「さもありなん」と思ったのだ。 
 というのも、さる実力派のスピリチュアルな方、いわゆる「見える人」と久々にお会いしたときのこと。
「最近どう?」と聞かれたので、「親父の介護でクタクタですわ(大阪弁ふうに)」と答えたところ、「ちょっとお父さんの名前を見せて」と乞われて、ノートに書いて見せた。
 一瞥してから先方は「う〜ん、この話は言わないでおこう。男同士で話したほうがいいから」と言いよどんでいるので、ズバリ「セクハラですか?」と聞いてみた。
 案の定、そのとおりで、親父の名前の画数は「老後に色惚けの相」らしい。
 心配になったので「警察沙汰や裁判起こされたりとか、ありますかね?」と聞くと、「それはないので、放っておいても大丈夫」との答だった。
 もしかして、「モーニング娘。」や「藤岡弘、」のようにすればいいのかもしれないが、そのために今さら改名ってのもなと思い、何もしていないのが現状である。  
 試しに今度、デイサービス用の書類に親父の名前を書き込むとき、小さく「。」や「、」でも付けてみるかな。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2012-02-17 17:26 | ムカッパラ | Comments(0)