フンコロガシの詩

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

白玉ぜんざいのような味噌汁

 いつものように親父の夕食タイムに合わせて実家に帰る。
 デイサービスの着替えを洗濯しつつ、私が作っておいた味噌汁を温めるかと鍋の蓋を開ければ、目に入ってきたのはお玉が立ちそうなほどコッテリとした大量の味噌の中にポツポツと見え隠れする白いモノ。味噌と餡、色こそ違うがまるで白玉ぜんざいである。
 この白いモノの正体は、蓋を開ける前から臭いで分かっている。ニンニクだ!
 以前、親父がたま〜に作る味噌汁が山盛りの味噌でドロドロ、まるでぜんざいの如しというネタを書いたが、いつの間にやらヴァージョンアップしたらしい。っつーか、私の作ったものが気に入らなくて手を加えたんだけどな。
 この日は折しも老朽化したガスレンジを自分で取り替えようと、ビックカメラから重い思いをして新品をぶら下げて帰ったのだが、こうニンニクの臭いが部屋中に充満していたのではガス漏れしていても分かんねぇだろ。
 もちろん元栓は閉めての作業だが、念のために窓は全開、チェーンスモーカーの親父にも「作業中は絶対に煙草を吸わないでくれ」としつこく頼んでおいた。
 ガスレンジの交換は問題なく済んだが、ったく危ねーよ。

 しかしあの不気味な味噌汁、何時作るんだろと常々疑問に思っていた。
 ある日、夕食の支度を終えたので親父に「メシは?」と聞くと、「まだお腹が空かないから後で」と言う。
 これはチャンスだッと思い、帰るフリをして壁に隠れて観察したところ、私の姿が見えなくなった途端にニンニクを一玉剥いて、大量の味噌とともに私の作った味噌汁に投入しているところを発見。
 そうかい、余程私の味付けが気に入らないんだな。これでも料理のウデにはちょいと自信があったんだがなぁ。
 しかしそれはまあいい。こんなに塩分採ってたら、身体に何らかの影響があると思うぜ。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2010-06-19 16:20 | ムカッパラ | Comments(2)