フンコロガシの詩

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

刑事告訴

 エビ養殖投資詐欺会長が、組織犯罪処罰法違反で懲役14年の判決を言い渡された。人様から巻き上げた金を実家の墓の下に隠したりして、とんでもねぇヤローだ。この判決は当然だよな、ザマーミロってんだ。
 実は先日、例の詐欺投資会社を刑事告訴に踏み切った。訴えるにあたって、某所へ手を回してちょっと調べてみたところ、出るわ、出るわ、契約金返還訴訟、損害賠償請求訴訟などが東京地裁だけで28件も! それらの訴状を読んでみたところ、年老いた親がウン千万をつぎ込んでしまい、気づいた子供(もちろん中年)が慌てて訴えるというパターンがほとんど。どちらさんも同じですなあ……などと呑気に感心している場合じゃないよな。表に出ているだけでもコレだから、被害総額は一体いくらになるんだろ? あ〜、ホントにムカつくぜ!
 告訴状は出資法違反に加えて、組織犯罪処罰法を旨とした。実際のところ、警察にアゲられたからって金が戻ってくるのかどうか、はなはだ心もとない。だが、せめてもの懲罰として悪人どもをブタ箱にブチ込んでやろう、という心意気で臨んだ。さて、どうなることやら? 結果をごろうじろ。←って、相変わらず年寄り臭い……。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2009-05-30 02:20 | | Comments(0)

とらぬ狸の皮算用 Part2

 以前にも書いたような気がするが、実家はターミナル駅から徒歩5分、重要文化財のフランク・ロイド・ライトの建築物に隣接している。重文建築では連日のようにイベントやパーティが行われているらしく、裏口にはル・コルドン・ブルーのケータリング車が停まり、観光客がそぞろ歩く姿もよく見かける。ちなみに現在、化粧品のCMで流れている松田聖子と中島みゆきのかなりコワい花嫁姿を撮影した場所もココである。
 そんなところにある、実家と並んで建つツタの絡まりまくった廃屋。叔父と祖母が亡くなって以来、ほぼ20年放ったらかしのままだ。だが静かな住宅街だったこの界隈も近頃ギャラリーやダイニング・バーなどが出来つつあるので、何らかのカタチで賃貸に出すことは出来ないか?との考えがもやもやと沸き上がってきた。少しでも家賃が入れば生活向上するし……という魂胆だ。
 そんな折、新聞に折込みで入っている「○○そっくりさん」モデルハウス募集のチラシを見つけ、早速電話してみた。大手不動産会社のリフォーム部門であるからして、モデルハウスなら施工費は向う持ちかも、ラッキー!ってなもんである。
 所在地を告げると、担当者は乗り気のようで早速私の家にやってきた。説明を聞いてみると、施工費はいくらかの補助はあるものの、すべてコチラ持ちだった。そりゃそうだよな、そんなウマい話、世の中にありませんって。特典は施行後に一定期間、家賃を持ってくれるということ。サイトにはモデルハウスについて見学会のインフォメーションはあるものの、応募規定については何も書いてないので、そんなの分からなかったぜ。
 しかしな、ざっと見積もって施工費は1,000万。そんな金、ねーよ! その場で即断ったのだが、帰った数分後に担当者から畳み掛けるように「無料ですので、見積もりだけでも」と電話が。ロケーションのみだが、好条件だからな。まぁ、興味もあることだったので、1週間後に土台や屋根のイカレ具合などを本格的に調べてもらった。モデルハウスにも半ば拉致状態で連れて行かれたが、ハッキリ言って1,000万でコレかよ!というものだった。
 改めて断りを入れたが、何かいい方法はあるんだろうか? どっかにヤル気のある若手建築家はいないかな……甘いっ! ということで、今回は私のダメさ加減全開エピソードでした。 
[PR]
by kuroshiba2007T | 2009-05-01 00:52 | | Comments(4)