フンコロガシの詩

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

彼岸に思う

 今日は晴れていたので、散歩も兼ねて歩いて犬連れで墓参りに行く。ちなみにウチの墓地は犬OKなので、悪しからず。
 100円ショップで購入した靴ブラシと使い古しのタオルをリュックに入れて、線香と花をたずさえ家の墓に到着すると、何と花立ての金属が腐食し根元からポッキリと折れている。クッソ〜、また修理に金がかかるじゃねーかっ。こういうのって法外な値段だからな(怒)。
 とりあえず墓をピカピカに磨き上げ、いつものお題目を唱える。
「お金が無事戻ってきますように。悪い病気に取り付かれませんように」
 このお題目は、毎日実家に帰った際に仏壇に線香をあげ手を合わせ唱えているものと全く同じ。ちなみにバリアフリー・リフォームするとき、生活用品の他に仏壇がピッタリ入るサイズの棚を設計して作ってもらったんだが、そのやり取りが面倒くさかったな。結局、図面を自分で作って提出したよ。
 で、お題目だが、もちろんワザと親父に聞こえるように唱えている。本人はテレビを大音量でかけているので、聞こえてるんだかいないんだか。当然、親父が仏壇に線香を上げていたことは1回もなし。せっかく親父の身長に合わせて、棚も設計したのにな。どうせそんなこったろうとは思っていたが。
 しかし、毎日仏壇に手を合わせながらも、私の心の中は諦観でいっぱいなのだ。「この願いも、きっと届いていないんでしょうね」と。
 というのも、祖父は戦前大金持ちで政治家もやっていたのだが、人が良過ぎて2回ほど破産している。昭和の大飢饉で近隣の農家が壊滅状態になったとき、自分の財産を投げ打って救済したという。その業績を讃える碑が板橋の病院にあるとのことで、親父が頭に穴開けた病院とも近かったので入院中に見に行ってみたが、建物を新しくするときに撤去されたのか影も形もなかったぜ。
 仏壇に居並ぶ位牌も、すべてお金に縁がなかった人ばかり。「ダメ人間、親もやっぱりダメ人間、そのまた親もダメ人間……」というテーゼが頭でこだまする。
 そしてまた、出かけていた親父が帰ってきたとき手にブラ下げていたものは、デパートで購入したオードトワレ。昨日、財布に入れた生活費も半分以上なくなっちまったよ。ダメ人間、親もやっぱり……。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2008-09-24 00:45 | ムカッパラ | Comments(0)

ヤクザ気取り

 サングラス ヤクザ気取りで笑われる

 コレは親父がデイサービスで作った句(川柳?)である。同所に通っている方々、案外とボケてないやんか。親父のほうはと言えば、すでに自分の名前の漢字も間違ってたよ。
 ……などとデイの方々に感心ばかりもしてもいられない。このサングラスには、苦々しい思いでいっぱいなのだ。大金を渡すとヤバいので、親父の財布には当面の食費や雑費として、MAX2万円しか入れないことにしている。その日もいつものように、キッチリ2万円を入れて実家を後にした。
 そして次の日。実家に帰ると「金が全然ない」と親父が言う。どうせちゃんと財布の中を確認してないんだろ、と思い見てみると、本当にスッカラカンになっている。何故だッ!昨夜確かに入れたんだがなあ(泣)、と不審に思い、辺りを見回してみれば、メガネスーパーの領収書がっ。見れば、金額は2万円に数百円欠ける額。何と、生活費すべてをサングラスに使ってしまったのだ! それもメガネスーパーのダサいヤツ。私のCHANELのサングラスだって、商品券をチマチマと貯めて買ったというのにな(怒)。
 このところ、親父はブレスレットやら指輪やら、やたらアクセサリーを身につけるようになっている。ブレスレットは磁気系のをテレビ通販で購入したことは分かっているのだが、指輪はどこで買ったのやら。それとも、実家のどっかにしまい込んであったのか。気味悪いので追求していないのだが、この分ではそのうちネックレスもするんだろうか。DEVO化する前は、こんなことなかったぜ。まったく似合っていないのに、出かけるときは必ず帽子とアクセサリー装備の親父。セイガクヤクザの安藤昇でも気取っているんだろうか。私が案外とヤクザ映画好きなのは、親父の遺伝なのかもしれん。これまた気の滅入ることだよなあ。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2008-09-04 00:43 | ムカッパラ | Comments(0)