フンコロガシの詩

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

巻き込みラップ

 といっても、ラップのスキルやフロウについて書こうというではない。サランラップのことである。アレって一度巻き込んでしまうと、切り口がどこがどこやら分からなくなってしまう。指先の感覚を鋭敏にし、息を詰めながらようやく切り口を見つけてそろそろと剥がしてみても、何故かナナメに切れていってしまい、まるでメビウスの輪のようにぐるぐると剥がし続けるハメになりムカつくこと必至である。

 親父は残った食べ物をそのまま冷蔵庫に入れて干物状態にするのが得意なので、ラップをかけてしまうよう毎回注意するのだが、たいがいはそのまま。干涸びたすき焼きなんて、何が何だが分からん物体に。しかし、気が向くとたま〜にラップをかけることもある。が! DEVO化のせいでキチンとラップを切ることができないので、たいがいは巻き込んでしまう。それを見つけるたびにムカムカしながら剥がしているのだが、急いでいるときはうっちゃってしまい、つい新しいラップを買うことになる。そんなラップが実家の台所には何本か置いてある。そして先日、親父もイライラしたのか、箱のカッター部分を破り捨ててあるラップを発見。これぢゃ苦労してラップを引き出しても使えないじゃねーか。ま、他のを使い終わって入れ替えればいいだけの話なんですけど。しかし、そのためにはラップ剥がし、真剣にやらないとな。ああ、メンド。

 追記。これ書いて家に帰ったら、すべてのラップのカッターが破り捨てられており。夕方の大混雑しているデパ地下でリハパン+尿取りパッドの大荷物を抱えながら、そろそろ切れる頃だと思い、すき焼肉をデパ地下で購入したら同じものが買ってあったしな。仕方ないので貼り付くラップをハサミで切りながら、肉を小分けして冷凍したよ。また明日、ラップ買わなきゃな……。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2008-07-24 16:35 | ムカッパラ | Comments(4)

体感温度

 1カ月ほど前だが、親父の寝ている部屋にようやくエアコンを取り付けた。以前使用していたものは壊れたまま長い間放置していたので、昨年の元旦に自力で取り外そうとしたら突然フロンガスがすごい勢いでシューッと漏れた! もちろんガスの元栓は繋がっていないので大丈夫だとは思ったものの、念のために119に連絡。ガス会社は休みだったのでね。そしたらサイレンを鳴らして消防車がやってきた。簡単な処置をしてもらい、「フロンガスなので噴出しても大丈夫なんですが、こういうものの処理は業者に任せてください」と言われ、ひたすら恐縮するのみ。正月からエラい騒ぎだったぜ。

 昨年は扇風機で何とか乗り越えたものの、クソ暑い日に親父が軽い脱水状態になり大変だったので、今年は早い時期からエアコン選びを開始。といっても実際にはビックカメラのチラシをチェックして、とにかく安いのを探すのみだが。いざ購入すべく店へ行くと、道路までハミ出して激安エアコンがディスプレイしてある。しめしめコレで決まりだなと思い、エアコン売り場へ行きいざ店員に買いたい由伝えると、言葉匠みに他の商品を勧められる。とりあえず安いのがいいと決めていたものの、「自動クリーニング」「空気清浄」などの機能に、つい心が揺らぐ。何しろ毎日煙草3箱を吸うので、部屋がヤニ臭い。ゴミ箱を開けると、これからの時期は糞尿の滲みたリハパンから腐った膠の臭いが立ち上る。もちろん、「省エネ」にもグラリと来た。強固な意志も、ついつい高額商品に傾いてしまう。結局、予算の2倍のエアコンを買っちまったぜ。これでまた、私の貯金が目減りだな。うう……。

 取り付け工事も済み、何度も使い方を説明して試させたりして、使用解説の貼り紙もした。が、翌日家に帰った私を待ち構えていたのは、生暖かい風がゆるゆると吹く部屋。何と設定が31℃になっていた! あわててリモコンの設定を直し、ヘルパーにも必ず温度をチェックするよう頼む。そして数日後。部屋がやたら冷えていると思ったら、今度は設定が19℃に。
 年取ると体感温度が狂うとはよく聞くが、一体どういう神経してるんだろ? ったくエアコン付けたら付けたで、問題山積みである。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2008-07-08 00:20 | ムカッパラ | Comments(2)