フンコロガシの詩

ワッフルとシベリア

 何やら中央線沿線にある、民家でやってるほっこりカフェの「本日のスイーツ」メニューみたいなタイトルだが、あにはからんや。今回はDEVO化老人のオヤツの嗜好について述べたい。
 何度もしつこく書いているが、認知症になると瞬間的な短期記憶が苦手になり、比較的長期記憶は保たれる。ついさっきの行動や話したことはすぐに忘れるのに、やたら大昔のことを覚えているのはそのためだ。
 だからオヤツは昔ながらのモノがいい。
「残り少ない人生、せめて美味しいものを食べてもらいたい」「流行ってるスイーツが脳への刺激になれば」という思いで、DEVO化した親に新製品や高級品をせっせと買い込む向きもあろうかと思うが、美しい心持ちが褒められこそすれ、ハッキリ言って実に無駄な行為である。お金をドブに捨てることになるぞ。
 認知症になると、みたらし団子、ぼた餅、くず餅、饅頭など、子供時代に食べて美味しかった記憶が脳の奥深くに刻み込まれているオヤツしか食べない。
 コンビニのレジ近くには必ず一口羊羹や1個ずつのパックになった饅頭が並べてあり、昔は一体誰が買うんだろ?と思っていたのだが、今ではDEVO化老人のニーズが相当あるのだろうと理解している。
 洋菓子だったらワッフルやシベリア、プリンだ。ワッフルといってもベルギーのマネケンやオランダのストロープワッフルのような今風のもんじゃない、丸く焼いたフワフワの生地を二つ折りにして間にカスタードクリームを挟んだ昔ながらのモノである。コロンバンで有名だが、今や取り扱い店舗も減っているらしく、すっかりスーパーにお株を取られている。
 とにかく、ここ30年くらいで一般的になったモノは絶対にダメ! ショートケーキやアップルパイならいいが、タルトは見た目で受け付けない。
 フレンチのコース最後に出てくる美しく皿に盛られたデザート、アシェットデセールなんてもっての他である。目の前に何があるか理解できないので、食べないのだ。
 手作りスイーツも味がぼやけて感じるのか、市販品のほうが喜ばれる。
 ま、味の嗜好は人それぞれなので、会話のできるうちに何が好きなのか聞き取りしておいて、実際に食べるかどうか実験を重ねるしかない。
 ちゃんとした食事を取らないでオヤツしか食べない、とムカつく気持ちも分かるが、医師に確かめてみたところ、糖尿病などの持病がなければあまり気にしなくていいらしい。
 介護は思った以上に金がかかる。少しでも無駄を無くすお役に立てればと思い、僭越ながら「オヤツは昔からあるもので!」と申し上げる次第であります。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2013-07-21 17:06 | 生活の知恵 | Comments(1)
Commented by ポポロン at 2014-01-13 08:57 x
介護たいへんですよね。
私は11年前から介護がはじまり、もがいております。
とても参考になる記事が多く、励みにもなりました。
ありがとうございます。
野戦病院 >>