フンコロガシの詩

野戦病院

f0154236_2310610.jpg

 このところ親父の失禁激しく、毎日の洗濯物が膨大な量だ。写真は1日に出る洗濯物である。2〜3回は洗濯機を回すので、以前より1時間早く実家へ帰るようにしている。ということは4時には家を出なくちゃならないので、自宅でのヤボ用をやっつけると自分の時間なんか全然ねぇよ!
 先日はケアマネから「朝、ヘルパーが訪問したらいたるところに便が散ってましたが、デイに行くための準備に手を取られたのでそのままにしてあります」という電話がっ。
「うぐッ、すぐに行って掃除しないと!」と焦ったのだが、続けて「空き時間を見つけてヘルパーが掃除にうかがおうと思います。時間外となりますので、点数が加算されますがよろしいでしょうか?」との提案アリ。
 もちろん、「よろしくお願いします〜」と電話のコチラ側で平身低頭になって依頼する。とはいえ、すべて他人任せも悪いので自分でも手伝うつもりで、この日は外出のヤボ用を早々に切り上げ実家に向かうも、どうやらヘルパーさんが飛び散った糞を拭いて下さった直後らしく確かにいたるところが少し濡れていた。ひたすら感謝である。
 それにしても部屋中が臭い! 何とかごまかそうと慌てて線香を焚きまくるが、臭いが混じって何とも気持ち悪くなってきた。その上、ダウニーを使って汚れもんの洗濯もしなくちゃならず、ほとんど口で息をしないとやってらんねぇ。
 こんな調子で連日ひたすら洗濯しなくてはならず、布団はすべてアクリル毛布にした。冬でもどうせ親父はエアコンの温度設定33℃なので、3枚重ねれば問題なし! 
 以前は布団をクリーニングに出したり、汚れたところだけを部分洗いしてドライヤーで乾かしたりしていたが、今や洗濯機でガンガン洗えるのでストレスも軽減。失禁した寝具の扱いに悩んでいる方に、マジでオススメしますぜ。
 物干部屋にアクリル毛布が何枚も下がっている眺めは、まるで野戦病院の如し。野戦病院を舞台にした名作映画といえば『イングリッシュ・ペイシェント』だが、私の好みはアルトマンの『M★A★S★H』である。こんなことだから一生モテとは無縁なんだろうな。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2013-06-16 23:11 | 生活の知恵 | Comments(0)
<< ワッフルとシベリア でくのぼー >>