フンコロガシの詩

でくのぼー

f0154236_3284296.jpg

 この絵手紙は親父がデイサービスで描いたものだ。ったく、やってくれるよな〜。何を意図してるのか、全然分からん。イカ人間? 変わったキノコ? 腹踊り? 水泳パンツらしきモノを着用しているのが、これまた「昔は水泳選手だったんだから」と誇示しているようでムカつくよな。ぜひとも、しりあがり寿先生にご覧に入れたいものである。
 私のほうはといえば、相変わらず吐き気やら頭痛やらのオンパレード。介護を長く続けていると、「自分の人生もうどうでもいいや。どうせ長生きしたって、いいことなんて何もなし!」と思いっきり投げやりになるものの、サスガに今のところはやらなくちゃならないことが多々あり、たまに病院で検査もする。
 胃カメラを飲めば「問題ありませんよ、食道もすごくキレイですね」と医師から褒められ、「じゃ、この気持ち悪さの原因は何なんだ、またストレスかよ!」とやり場の無い怒りがフツフツと沸くばかり。
 片頭痛もヒドいので小さい脳梗塞でも起こしてるんじゃないかと、頭痛外来で有名な病院で診てもらった。
 脳の撮影前には「この年齢の人だと、自覚症状がなくてもごく小さい脳梗塞はあるもんですよ」と、それなりに著名な医師から脅され覚悟はしていたのだが、結果は予想に反して問題なし!
 ただし頭を横から撮った写真を見ると、通常はカーブを描いている首の骨がバカみたいに真っ直ぐで笑っちゃうほどである。思わず「でくのぼー」という言葉が頭に浮かぶ。
 地方の伝統的な人形芝居を紹介する記事や番組でよく目にする、わら苞にブスブス刺してある木偶人形の頭をご存知だろうか。文楽や人形浄瑠璃ほどには洗練されていない、無骨な野性味あふれる面差しは好もしいものだが、わら苞からトートツに突き出た首は単なる棒でその表情との対比は何とも間抜けだ。
 本来「木偶の坊」の“坊”は棒の意味ではないのだが、役立ずなクズ人間の私の有り様と真っ直ぐな首のフォルムが妙にシンクロして「でくのぼー」という言葉が浮かんだのだ。
 ちなみに私のような首は「ストレートネック」と言って、最近増えているらしい。パソコンやスマホに向かっている時間が長いと、だんだん変型してくるとのこと。首から頭蓋骨を覆う筋肉がいつも緊張状態なので、頭痛の原因にもなる。
 だけどな、私の頭痛の原因は首の変型だけじゃないと思うぜ、きっと。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2013-06-01 03:33 | ムカッパラ | Comments(2)
Commented by SUGI at 2013-06-01 07:21 x
お体の調子が良くなかったとは…。
診断の結果が目でみえないのはやっぱりストレスなんでしょうね。

自分もかれこれ2ヶ月ほど、首の痛みに悩まされてまして;^_^A
ただTomoneさんのように病院で診断してもらう勇気がなくて(;´Д`A
自分もデクノボーかな(笑)

とにかくお大事にして下さいね^_−☆
Commented by kuroshiba2007T at 2013-06-02 16:43
若い人ほどストレートネックは多いみたいですよ。閉所恐怖症の人はちょっとヤバいみたいですが、MRIを撮ると文字通り骨の状態が分かるのでいいと思います。
<< 野戦病院 アイドル歌手志望 >>