フンコロガシの詩

ダウニー地獄

 10年ほど前にダウニーが話題になった頃、とりあえず新製品はチェックしたいクチなので、ドラッグストアで匂いを嗅いでみた。
「げげえッ、便所の香水やんけ!」
 そんな第一印象を持ったもんだから、ダウニーはずっと敵視していた。
 香りモノはオーガニックでないと受け付けない、なんて気取ったことはいわないが、安っぽい合成香料が苦手だ。本当に頭が痛くなる。
 
 そんなある日、ヘルパーさんとの連絡ノートを見たら「ダウニーを買ってください」とのご宣託が!
 洗濯洗剤も色物漂白剤もトコトン脱臭タイプのを選んでるんだがな、糞尿の染み付いたシーツや服を洗うのにはパワー不足らしい。確かに私もそれは痛感していたんだが、よりによってダウニーを買うはめになるとは(泣)。
 仕方ないので“オレの百貨店”(あるサイトではDQNの集客場と書いてあった。確かにな)ドンキホーテで涙目になりながらダウニーを探した。
 売場を見てみれば、何とものすごい種類があった。パッケージも毒々しいメキシコやベトナムやらのシリーズもあり、それぞれにキッツそうな香りの商品が揃っている。ダウニーを無かったこととして過ごしていたうちに、バリエーションが増えていたらしい。
 試し嗅ぎして偏頭痛を誘発すると大変なので、とりあえず一番良く見るタイプの大きいサイズと入れ替え用を3つほど購入。これがパッケージされているのにも関わらず、自宅に置いておいたら部屋に匂いが漏れて迷惑千万である。
 ちなみにダウニーの匂いがキライな人っていないのか?と思ってググッてみたら、やっぱりあるわ、「YAHOO!知恵袋」に。「会社で隣の人がダウニーの匂いがするので、頭痛と吐き気がします。どうしたらいいですか?」という質問と、それに賛同してアドバイスする人々の答えが。自分が孤独だと悩んでる人は「YAHOO!知恵袋」を読むといい。身の回りにはいなくても、世の中同じ考えの人っているんだな、と確認できるから。

 親父は何度直してもクーラーの設定温度を18℃にする。この夏はことのほか暑いが、それにしてもどうかしてるだろ。買い物を済ませて実家に入るとゾゾ〜ッとする。そして洗濯をすれば、ダウニーの匂い。卵の殻を捨てるためにゴミ箱を開ければ、糞尿の染み付いたリハパンの匂い。部屋にこもっている卵を焼いた匂い。それらが渾然一体となって押し寄せる。
 洗濯物を干すために2階に上がれば、ガラス窓から陽射しがさんさんと降り注ぐ室内は38℃はあるだろう。その中でダウニーの匂いをまき散らしながら洗濯物を干していると、汗が吹き出してくる。
「ああ、これが更年期のホットフラッシュってヤツだな」と納得するものの、理由はそれだけではないような気も。何しろ、18℃と38℃の部屋を行ったり来たりしてるからな。

 介護タイムを終えて自宅に戻れば、これまた大急ぎで夕食の支度だ。洗濯物を干すだけで指先にガッツリ染み付いたダウニーの匂いを気にしつつ、クーラーの冷気が届かない暑い台所でシャカリキにみじん切りやら煮物、炒め物をするので、またまた汗だくである。しじゅう眩暈がするのも、仕方あるまい。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2012-09-13 18:27 | ムカッパラ | Comments(0)
<< 感謝の正月 ヘビ老人 >>