フンコロガシの詩

ワンピース

 連日の円天報道に「こりゃウチと同じケースだな」と思い、怒りで脳の酸素が減るせいだろう、ニュースを見るたびに吐き気を催す毎日である。
 そんな日々、実家に帰ったところ、玄関の洋服ハンガーに丈の長いモノがあるのに気がついた。ココにかけてあるのはジャケットやトップのインナーだけなので、ヘンだと思い見てみれば、何と母親の古い喪服の夏物ワンピース! 
「どうするつもりなんだ?」と聞いてみれば、「寒いので着る」と言う。昨年の燕尾服以来の衝撃だよ、ったく。アントニー&ザ・ジョンソンズの最新作『ザ・クライング・ライト』のジャケに登場している大野一雄先生ならともかく、親父の女装なんてシャレにもならんぜ。あわてて見つけることができないところに仕舞い込んだよ。
 外出なんてデイに行くときとデパ地下ぐらいなんだから、長いコートなんて必要ないんだよな。それに夜も暖房ガンガン効かせてダウン着たまま寝てるんだから、そのまま外出たらそら寒いわな。だが放っておくわけにもいかないので下着入れを確認したところ、確かに冬用のモモヒキが足りない。そういえば、そこいらへん穴が開いたものやゴムが伸びきったもの、あまりにも汚いものを腹立ちまぎれにまとめてポイ捨てした覚えがある。とりあえずの処方として、あったか仕様のモモヒキを慌ててネットで探す。その名も「すててこねっと」なるサイトで安いのを見つけ、購入。次の日もキンカ堂で探したところ、いろいろな種類があり買い漁る。さすがキンカ堂、介護人の心強い味方だぜ。
 しかしな、この調子じゃ親父の空想ワードローブに今後何が登場するのか、楽しみにさえなってきたわ。あ〜あ……。
[PR]
by kuroshiba2007T | 2009-02-06 19:25 | ムカッパラ | Comments(2)
Commented by マスブチ at 2009-03-17 18:18 x
がはは。この話サイコーですね(w
筒井康隆の小説みたい……って、笑ってる場合じゃありませんでした。失礼を。
Commented by kuroshiba2007T at 2009-03-19 16:09
☆マスブチさま☆
笑っていただけて何よりです。人間、笑えば免疫力が高まりますからね。
DEVO化は初期発見が大事。ご実家にお菓子がやたら目につくようになったら、何らかのアクション起こしたほうがいいですよ。
<< あか抜ける 怪電波 >>